東京蒼天セイルズは2021年1月1日より本格活動を開始します。

現在は中学でも野球を続けたい子供たちを中心に、毎週水曜日15:00~17:00に東久留米市にある柳泉園グランドで中学野球へ向かっての準備練習を行っています。練習内容としては、柔軟性を含む基礎運動能力の向上、野球における自分の弱点克服、野球というスポーツに対する意識向上を主としています。学童野球チームに所属している子も参加してくれています。

「中学野球のための準備練習、しかも学童チームや地域の枠を超えて幅広く中学野球を目指せる子供に声をかける」。営利組織の野球塾などではない地域活動の一環としてのこういった活動は他にあまり例がなく、また昔からの地域に根付いた「少年野球」という世界では認知されづらい活動であることは承知の上で、2019年9月4日より私たちは練習を開始しました。

指導者とのトラブルや子供たち同士のトラブル、さまざまな理由で本当の野球の楽しさを知る前に野球をやめてしまう子供たちがいます。野球が嫌いになるだけではなく、今後の成長過程での人間関係の形成をも困難にしてしまう場合もあります。私たちは、本当の野球の楽しさや仲間との信頼関係のすばらしさを知ってもらいたいという強い思いから「東京蒼天セイルズ」を立ち上げました
「試合に勝つ」、これはとても大事なことだと思います。しかし「勝つ」ことが目標ではなく目的になってしまうと、そのためには何でもあり!となってしまうことが多々あります。厳しい練習・指導も当然あるでしょう。しかし、その厳しさには「子供ファースト」の視点が基本にあることが絶対条件で、「結果ファースト・大人ファースト」の視点が基本にあってはならないのです。「東京蒼天セイルズ」は、野球には「勝つ」と同じか、もしくはそれよりも大切なことがあるんだ!ということを重点においてに指導します。中学で野球をやりたいというお子さんをお持ちの父母のみなさま、私たちの考えにご賛同いただけるようでしたら、ぜひ一度練習にいらっしゃいませんか!